読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sanssouci

好きな音楽を記憶しておくための雑記帳。

あまりにも自由に/Titanium - David Guetta

David Guetta 洋楽

こんにちはこんばんは。

ここはあまりにも自由に、自分の好きな音楽についてつらつらと書いて思い出に残すための場所です。たぶんかなり多岐にわたる趣味なのでもしここを覗いてくださった方がいればありがたいんですけどごっちゃごちゃしてんなあって思われそう。

 

最初のページなので物は試しということで今ちょうどプレイリストから流れてきた曲を。これお気に入り。

youtu.be

 

David Guetta ft.SiaのTitanium。ちょう素敵。ゲッタさんのサウンドが好きなのはもちろんなんですがSiaがなんとも。すばらしい。この曲でSiaが好きになりました。

この曲、映画Pitch Perfectで主人公と、彼女をアカペラグループに誘っていた先輩がシャワールームの中で二重唱アカペラするシーンに使われていたのがとても印象的です。めっちゃ好き。リンク貼っておこう。シャワールーム後方からめっちゃ嬉しそうに微笑む先輩。若干変態ちっくだけど歌うとすごい。これでアカペラグループに入るって決めたんです、この女の子。映画は等身大のティーンエイジャーが描かれてて、アカペラにキャンパスライフを尽くす大学生たちの青春ミュージカル風コメディです。いい曲いっぱい使ってるのでよかったら...!

youtu.be

 

 

話が映画にそれた。

いじめをテーマにした曲と言われてます。MVでは男の子が謎の人物たちから逃げていて、いよいよ追い詰められたら念力的なものが使えるようになって、ばーん。って爆発?しちゃう。迫害されても、"I am Titanium"、自分はチタンのように心を強く生きるんだ、という意思が込められています。"I'm bulletproof" やら "fire away" やら、最初聞いた時はすごいいかつい歌詞やな、と思ってたんですが、僕に弾なんて効かないから撃ってみろ、僕はチタンのように強いんだ、という自分を奮い立たせる歌詞なんだなあと気づきました。

切ないメロディーに魂の訴えのような強い歌詞が名曲と呼ばれるにふさわしいなあと思います。これは2011年発表の曲なんですが、ちょうどわたし自身挑戦の年だったのでこの曲をずいぶん聞いて、ずいぶん励まされました。というのはめちゃくちゃ個人的な話。

 

名曲がゆえにたくさんの人がカバーして歌っています。その中でわたしの推しユーチューバー(?)の二人のバージョンを紹介。

youtu.be

Sam Tsui & Kurt Hugo Schneiderバージョン。歌ってるのがSam、楽器がKurtです。わたし彼らのカバーとアレンジがものすごく好みで、、、たまらん。この人たちについてもいつかここに書かなければと思っているので今回はセーブしておきます。

 

youtu.be

こちらがMax Schneider バージョン。こちらもわたしの推しユーチューバー(?)(デビューしてます。)この人の魅力はなんといっても甘いハスキーボイスなんですがこの人についてもまた後日...。前述のSamとKurtともお友達で三人でカバーしてる曲とかもあります。KurtもMaxも苗字はSchneiderなんですが兄弟じゃないみたいです。ふたりでカバーしてる曲多いから兄弟なんだと最初は思い込んでました。

 

両バージョンともに良アレンジ、良ボイス。くうう。どちらかというとSamの方のアレンジがこの曲においては好きかなあと思います。

他にも探せばたくさんいいアレンジが出てくるんだろうなあ。それほどこのゲッタさんの曲が名曲ということですねえ。

 

イムリーに今日と明日、ゲッタさん来日してますね。今日は幕張、明日は大阪でライブです。めっちゃ行きたかったです。悲しい。友達は行くみたいですので感想を根掘り葉掘り聞きだそうと、、、、思います。

 

思ったより書き出すと長くなった。こんな感じにマイペースに、これからもやっていこうと思います。